外壁塗装に火災保険が使えるって本当?条件、申請の流れ

ある日突然、飛び込み営業の業者から「火災保険を利用してタダで外壁塗装ができる」という営業を受けたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

火災保険の適用範囲は火災だけに限らず、台風や大雨などによる住宅の損壊も対象になります。

外壁塗装に火災保険が適用できるケースがあることは事実ですが、あくまでも自然災害などが原因で補修や修繕が必要になった場合です。

そこで今回は、外壁塗装の補修に火災保険を適用するための条件や申請方法、注意点などを詳しくご紹介したいと思います。

火災保険の種類

火災保険は損害保険の一種で、火災などの災害で損害を受けた際に保険金が支払われる保険です。

一般的な住宅に適用される火災保険は3種類に大別され、それぞれの特徴は以下の通りです。

住宅火災保険

最もオーソドックスな火災保険で、火災・風災・落雷・雹(ひょう)、雪災などに対応しています。

一方、水害(洪水、高潮など)や水濡れ事故による損害等には保険が適用されません。

住宅総合保険

住宅火災のほか、水害・雨漏り・人災による破損・盗難など住まいに関する総合的な補償に対応しています。

オールリスクタイプ保険

補償範囲の広い新しいタイプの保険で、住宅総合保険でカバーできない様々なリスクにも対応しています。

損害箇所を修理するために実際にかかった額を補償するなど、近年の保険はこのタイプが主流になっています。

詳しい内容は保険会社によって異なります。

ただし地震や火山の噴火などによる被害(火災を含む)に関しては、通常の火災保険では補償範囲外となります。

これらの被害が補償される保険は地震保険になりますが、地震保険には単独で加入することができず、火災保険とセットでのみ加入することができます。

上記のいずれかの火災保険に加入すれば、地震保険にも加入することができます。

外壁塗装に火災保険を使う時の条件

火災保険の適用範囲は前述した通りですが、外壁塗装に火災保険を適用するための条件はいくつかあり、適用できないケースもあります。

したがって、適用できるケースと適用できないケースをよく理解しておくことが大切です。

それぞれのケースをみていきましょう。

災害が原因である場合は火災保険が適用される

外壁塗装に火災保険を適用できるのは、火災、落雷、風災(台風)、雪害、豪雨、破裂・爆発などの災害が原因で補修が必要になった場合です。

その他にもいくつか条件があり、それらを全て満たしている場合のみ火災保険の保険金を申請することができる様になります。

外壁塗装に火災保険を適用するための条件をまとめると次の様になります。

  1. 建物の外壁・屋根等の破損が災害によるものであること
  2. 被災してから3年以内に申請を行うこと
  3. 損害の補修にかかる費用が火災保険の免責金額を超えること

補修工事が免責金額を下回った場合には火災保険が適用できないので注意が必要です。

また火災保険の免責金額は保険会社によって異なりますが、20万円程度で設定されていることが多い様です。

各種破損が原因の場合は、火災保険が適用されない

火災保険が適用されないのは主に次のケースです。

  1. 破損の原因が経年劣化による場合
  2. 破損の原因が人為的なものである場合
  3. 破損の原因が施工不良によるものの場合

災害が原因でない外壁の劣化や、外壁材特有の性質による摩耗・変質・変色施工不良による破損外壁に発生したコケ・カビ・サビなどは対象外となります。

自分が加入している火災保険でどこまで補償してくれるのかを保険約款や保険証書などでよく確認しておくことが大切です。

火災保険を申請する時の手順やポイント

実際に火災保険を申請するとなると、何から手をつければよいのか慌ててしまうものです。

この章では、実際に外壁の塗装工事で火災保険を申請する際の手順や必要な書類について紹介します。

1.加入している火災保険の種類の確認

保険の適用範囲は、加入している火災保険の種類によって異なります。手持ちの保険証書や契約書を見て、加入している火災保険の種類や保険の適用範囲を確認しておきましょう。

これにより受けた被害が火災保険の対象になるかどうかをチェックできます。

2.被害の発生状況を外壁塗装の業者に報告

次に外壁塗装業者に被害の発生状況を報告して、現地調査と見積作成を依頼します。

保険会社から破損箇所の写真提出を求められることがあるため、自分で撮影するか外壁塗装業者に依頼して撮影してもらうのを忘れない様にしましょう。

その他申請に必要な書類や注意事項を、保険会社に連絡して詳しく聞いておきます。

3.保険会社に提出する書類の作成

保険会社から保険申請用の書類を取り寄せ、必要事項を記入します。

この時、損害箇所の写真提出を求められることがあるので、その場合にはあらかじめ撮影しておいた写真を添付します。

書類の作成は、塗装会社に代行してもらえるケースもありますが、申請は本人が行う必要があります。

保険会社に提出する書類は主に次の3つです。

  • 保険金の請求書
  • 事故の報告書
  • 修理が必要な箇所の工事見積書

ここで工事金額が保険の免責金額を下回っていると保険が適用されません。

塗装会社から見積書が提出された段階で、必ず金額をチェックしておきましょう。

4.加入している保険会社からの調査が入る

保険会社に必要書類を提出すると、損害鑑定人と呼ばれる鑑定人が保険会社から派遣され、提出された申請書類をもとに現地調査を行います。

5.保険会社による支払い

損害鑑定人の現地調査結果を踏まえて、保険会社から保険の適用範囲だと認定されれば保険金が支払われます。

保険金は申請手続きを開始してから1か月以内で支払われることが多いようですが、工事代金の支払いよりも後になることもあるので、その場合には自分で建て替えるのか、入金を待ってもらうのかを業者と良く話し合っておきましょう。

外壁塗装の補修に火災保険を使うデメリットとは?

火災保険は保険金額内であれば何度でも申請することができ、申請回数が多くなっても保険料が上がることはありません

そのためこれといったデメリットはないといえますが、申請するにあたっては注意すべき点があります。

ここでは外壁塗装の補修に火災保険を使う場合の注意点についてご紹介します。

被保険者が申請する必要がある

火災保険の申請は、必ず被保険者本人が行わなければなりません。

そのため災害などで大変な状況下であっても代行業者や代理人による申請は認められないので注意が必要です。

必ずしも保険金を受け取れるとは限らない

火災保険の対象になるのは、災害が原因で補修が必要になった場合に限られています。

そのため全ての被害に対して保険を適用させようとしても、保険会社側の調査により一部分の損害しか認められないことがあります。

例えば、経年劣化や施工不良によるものと判断されてしまうと補償されないので注意が必要です。

実際に100万円分の申請をしても、鑑定人による調査の結果50万円分の損害しか認められないということもあります。

保険金の支払いには時間がかかる

火災保険は申請後1カ月以内に支払うことが定められていますが、地域内で同時に災害が数多く発生した場合や調査に時間がかかる場合は、1か月以上かかってしまうこともあります。

修理に保険金の支払いが間に合わない可能性もあるので注意が必要です。

火災保険を適用するための注意点

火災保険を確実に適用させるためにはいくつかの注意点があります。

この点を疎かにしてしまうと保険がおりなくなってしまうため、事前に注意点を良く把握しておきましょう。

申請手続きは被保険者本人が行う

火災保険の申請手続きは被保険者本人が行う必要があります。

時々火災保険の申請代行を行うという業者がいますが、この様な業者には注意が必要です。

業者からアドバイスを受けたり書類を作成してもらったりするのは問題ありませんが、代行業者による申請は保険金を受け取れないこともあります。

保険金の支払いは損害鑑定人の審査次第

火災保険の保険金は、保険会社から派遣された損害鑑定人による現地調査を行った上で、申請内容と相違がないかどうかを確認後に支給されます。

また、虚偽の申請を行って鑑定人の審査に引っかかってしまうと、詐欺罪にあたるおそれがあるので注意が必要です。

被害の状況の写真を必ず撮影しよう

火災保険を申請する際には、災害による被害状況の写真を必ず残しておくことが大切です。

自分で補修してしまって被害状況の程度が確認できない場合には、保険金を受け取ることができなくなってしまう可能性があります。緊急に応急処置が必要な場合であっても、必ず応急処置を行う前に写真を撮っておくようにしましょう。

火災保険を利用した悪徳業者に注意!

外壁塗装の業者の中には「火災保険を利用してうまく外壁塗装の補修を行える」などの言葉を巧みに利用し契約を迫ってくる悪徳業者も存在しています。

残念なことにこのような手口で勧誘するケースも多く、実際に保険金に関するトラブルは決して少なくありません。

そこで、火災保険を利用したリフォームのトラブル事例を紹介します。

自己負担なしで修理ができると勧誘してくる

外壁塗装業者の中には、火災保険が適用できるかどうかの判断が不明なのにも関わらず、「自己負担なしで修理ができます」などといって勧誘してくる業者が存在しています。

各家庭により加入している保険が異なるため、無料で修理できるかどうかは保険のプラン次第になります。

また保険の申請は被保険者自身が行う必要があるため、外壁塗装業者が代行して申請することはできません。

保険金の一部を手数料として請求してくる

契約時に「保険金の○○%を手数料として支払う」などといった条件を付けてくる業者は、悪徳業者だと思ってほぼ間違いありません。

悪徳業者だと気付いて他の業者に依頼する旨を伝えた途端に、高額なキャンセル料を請求されたりします。

また、経年劣化による破損を自然災害による破損として保険申請すると虚偽申請となります。

この様にして支払われた保険金を受け取って業者に渡した場合には、工事注文者も業者と共に保険会社から詐欺罪に問われる可能性があるので要注意です。

信頼できる営業マンの見分け方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

外壁塗装を行う優良業者の見つけ方

火災保険を適用して工事を行う際には、良心的な業者に依頼したいものです。

優良業者を見つけるためのポイントのひとつとしては、火災保険を適用した塗装工事の実績があるかどうかを調べてみることです。

こうした業者であれば、有益なアドバイスを受けることが期待できます。

また、地元で評判が良い会社長年地域密着で営業している会社であれば、顧客からの信頼度が高い会社と言えるでしょう。

くれぐれも訪問販売の飛び込み業者には注意するようにしましょう。

優良業者の見極め方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

まとめ

火災保険が火災やガス爆発などの事故だけでなく、自然災害による損害の修理にも適用できることをご存知でない方が多いのではないでしょうか。

ここで大切なことは、再度ご自身が契約している火災保険の内容をよく見直して、火災保険を利用して修理できる箇所がないかどうかを確認してみることです。

知らずにお金を掛けて修理してしまうのは非常にもったいないことです。

この記事がご自宅を再度点検してみるきっかけになれば幸いです。

この記事のライター:亀田 融
東証一部上場企業の不動産・建設会社の建築部門に33年間勤務。 13年間の現場管理経験を経て、取締役事業部長に就任。 事業部内で年間1000件以上のリフォーム工事を手掛けるなかで、中立的立場でのコンサルティングの必要性を実感し、独立を決意。 現在はタクトホームコンサルティングサービスの代表として、住まいに関する専門知識を生かし、多岐にわたり活躍している。 (保有資格:一級建築施工管理技士、宅地建物取引士、マンション管理士、JSHI公認ホームインスペクター、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャー、日本不動産仲裁機構ADR調停人)

外壁塗装 人気の記事ランキング

外壁塗装おすすめカラーシミュレーションアプリ9選

外壁塗装おすすめカラーシミュレーションアプリ9選

外壁塗装の失敗例でよく聞かれるのが、事前に想像していたイメージと仕上がりが違う・カラーが希望色ではなかったとというものです。 そこでおすすめなのが、スマートフォンやタブレット端末などで使用できる外壁塗装専用のシミュレーシ...

外壁塗装のイノセンス塗料(ジャパンホームワンド社)とは?特徴、費用相場

外壁塗装のイノセンス塗料(ジャパンホームワンド社)とは?特徴、費用相場

外壁塗装で使用する塗料には種類ごとにさまざまな機能や性能があって耐用年数も異なるため、外壁塗装の際にどのような塗料を使用するのかが非常に重要なポイントになります。 なるべく長持ちする塗料が良いと思う方が多いと思いますが、...

防水テープによる雨漏りの補修方法!初心者向けに手順を解説

防水テープによる雨漏りの補修方法!初心者向けに手順を解説

住宅の急な雨漏りには、応急処置として防水テープが使えることをご存知でしょうか。 防水テープによる補修は一時的な応急処置ですが、雨漏りが起きてしまった際の対応には良い方法になります。 しかし、防水テープの使い方によっては雨...

【最新】外壁材メーカー人気ランキング!特徴、主力商品を紹介

【最新】外壁材メーカー人気ランキング!特徴、主力商品を紹介

日本の住宅の外壁を販売する外壁材メーカーはたくさんあり、それぞれのメーカーがさまざまな趣向を凝らした外壁材を販売しています。 メーカー側では外壁を選ぶ人のニーズに合わせた商品開発を行っていますが、メーカーの社数も多くどこ...

外壁塗装 おすすめの記事

サイディングとは?サイディング外壁の種類や補修の目安、費用を解説

サイディングとは?サイディング外壁の種類や補修の目安、費用を解説

近年は外壁サイディング貼りの住宅が増えており、外壁塗装といえばサイディングの塗装を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 一方、サイディングには、多くの方が連想する窯業系サイディング(セメントに繊維質を混ぜて板状に形...

外壁塗装では手塗りと吹き付け、どちらが良い?4つの判断基準と注意点

外壁塗装では手塗りと吹き付け、どちらが良い?4つの判断基準と注意点

近年の外壁塗装工事はローラー工法による手塗りで行うケースが増えていますが、塗装方法には他にスプレーガンを使った吹き付け工法や刷毛塗りによる工法があって、業者によってもおすすめの塗装方法や得意な工法が異なります。 これから...

外壁のカビの原因と落とし方!除去費用・予防策も解説

外壁のカビの原因と落とし方!除去費用・予防策も解説

自宅の外壁についたシミや汚れがこすってもなかなか落ちない、シミや汚れを落としてもすぐにまた汚れてしまう・・・という場合には、そのシミや汚れの正体はカビかもしれません。 カビは塗膜の劣化のサイン。 そのまま放置し続けると劣...

外壁のひび割れの原因は?外壁のクラック補修やメンテナンス方法

外壁のひび割れの原因は?外壁のクラック補修やメンテナンス方法

  ある日突然、ご自宅の外壁にひび割れが入っているのを見つけたら、なぜひび割れが発生したのか、そしてどう対処したらよいのかがわからなくて、慌ててしまう方が多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、ひび割れが...

外壁塗装 記事のカテゴリー

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の費用

外壁塗装の費用

外壁塗装の業者選び

外壁塗装の業者選び

外壁塗装の方法・工程

外壁塗装の方法・工程

雨漏り・屋根修理

雨漏り・屋根修理

外壁塗装の失敗・トラブル

外壁塗装の失敗・トラブル