失敗しない外壁塗装の業者の選び方!

外壁塗装の工事を検討する際に、多くの方がどこに相談したらいいのか、見積もり取得のための業者選びはどのようにしたらいいのかに悩んでいることでしょう。

業者選びは外壁塗装を成功させるための鍵と言っても過言ではありません。

しかし、どうしても1番悩むポイントが業者選びの方法です。今回の記事では、外壁塗装で失敗しないための業者選びに役立つ知識やポイントを紹介します。

外壁塗装の業者は主に3種類

そもそも外壁塗装業者にはどんな種類があるのかご存知でしょうか?

どのような外壁塗装業者に依頼すればいいのか、業者選びについて分からない方も多いでしょう。

基本的に外壁塗装の工事は3種類の業者に依頼することになります。

それぞれの種類別に依頼する際の注意点や特徴を紹介します。

ハウスメーカー・工務店

住宅建設会社であるハウスメーカー・工務店にも、外壁塗装の工事を依頼することができます。

工事をハウスメーカー・工務店に依頼する場合には、通常ハウスメーカー・工務店から下請け業者に依頼をすることになるので、中間マージンが発生してしまいます。

また、ハウスメーカー・工務店の場合はこちらから施工する業者を選ぶことができないので、業者の技術力を知る方法がありません。

自身の判断で業者の技術力を知りたい方には、心配な点が残ってしまうことになります。

しかしハウスメーカー・工務店に依頼することで、施工業者とのやり取りを直接しなくて済むという安心感があります。

また、外壁塗装以外のメンテナンスが必要になった際も住宅の構造や下地の状況を把握しているので、早急に対応してもらえるメリットもあります。      んん

外壁塗装の専門業者

外壁塗装を専門に行っている業者なので、比較的に安価で工事を依頼することができます。

自社職人による施工や、提携している下請け業者に依頼することで中間マージンを抑えることにも期待ができます。

ホームページなどを使って簡単に口コミや実際の評価が得られやすく、口コミをチェックしてから自分で優良業者を選定したい方にはおすすめです。

外壁塗装を専門に行っているので、施工実績さまざまな種類の塗装の経験値も多く、技術力が高く信頼できます。

外壁塗装を専門にしていることからも、口コミやアフターフォローを重視しているケースが多く、何かあればすぐに柔軟な対応が期待できます。

リフォーム業者

住宅を中心に建物全般のリフォームを行っている業者なので、外壁塗装の専門業者に比べると費用は高くなる傾向にあります。

また、リフォーム業者としての知名度はあっても、外壁塗装工事に優れているとは限らないので注意が必要です。

しかし住宅に関する知識が豊富ですので、外壁塗装においても技術力は高いことが多いです。

また、何かあった時にはハウスメーカーと同様に豊富な知識や経験から適切な処置が期待できます。さらにハウスメーカー・工務店よりも迅速に対応してくれます。

外壁塗装で業者選びに失敗しないためのチェックポイント

外壁塗装を行う上での注意点は多く、専門家ではない限り外壁塗装の業者選びの基準が分からない方は多いでしょう。

ここでは、外壁塗装の業者選びに失敗しないためのチェックポイントを紹介していきます。

自社施工をしている業者を選ぶ

外壁塗装の業者を選ぶ時にまず、大前提として1番重要なポイントが自社施工をしているかどうかです。

自社施工をしている業者の場合には中間マージンがかからないので、費用が安くなります。

また、職人と直接やり取りが出来るのでコミュニケーションが取りやすいと言うメリットもあります。

過去の施工実績などの口コミをチェックする

検討中の業者のホームページなどを使って、過去の施工実績などを確認することも良い外壁塗装業者選びのポイントです。

過去にどのような施工をしてきたのかや費用はどれくらいだったかなどの口コミをネットで確認することは大事です。

過去の施工実績などはホームページなどで公開している業者もありますが、業者側に直接確認することも効果的です。

良い外壁塗装業者であれば、過去の実績や費用についても隠さず教えてくれるはずです。

資格のある業者を選ぶ

自社施工であることの次に重要なポイントとして、外壁塗装業者が建設業許可と塗装技能士資格を持っているどうかがあります。

建設業許可

建設業許可は国土交通大臣または知事による許可です。ただし受注金額が500万円を超えない限りは、建設業許可が無くても営業することが可能です。

しかし、外壁塗装を依頼するのであれば、公的機関から許可を得た業者を選ぶ方が安心です。

建設業許可は、国土交通省の「建設業者・宅建業者等企業上検索システム」で確認することができます。

塗装技能士資格

塗装技能士資格は、学科と実技に関する試験に合格した職人に与えられる国家資格です。

1級塗装技能士においては、実務経験が7年以上必要です。1級塗装技能士に合格するには、確かな技術力と多くの経験が必要とされています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

信頼のおける対応をする営業マンを選ぶ

外壁塗装業者選びでは、営業マンの対応も重要なチェックポイントです。

外壁塗装などのメンテナンスは定期的に行う必要があり、同じ外壁塗装業者に依頼し続ける可能性もあるため、営業マンとの信頼関係は大切なものです。

外壁塗装業者選びの前に、営業マンの対応が信頼出来るかどうかをチェックしましょう。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

 

複数の業者から相見積もりをとる

外壁塗装の業者選びでは、必ず複数の業者から見積もりを取ることが大事です。

1社だけの見積もりでは、工事内容や費用が適正かどうかを判断することが難しくなります。

複数の業者から同じ工事内容の見積もりを取ることで、比較検討が可能になります。

また相見積もりを依頼する場合には、複数の業者に依頼していることを伝えることがポイントです。

多くの見積もりを取りすぎても、比較検討が難しくなってしまうので3社~5社程度に依頼することをおすすめします。

相見積もりの取り方、比較の仕方についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

見積もりの内容が詳細に記載されているか確認する

業者から提出された見積もりの内容にも注意が必要です。見積もりの内容が詳細に書かれているかを確認しましょう。

業者によっては、ざっくりとした内容の見積もりしか出してコアに業者もあります。

見積もりの内容は外壁塗装工事にとってとても重要なので、詳細に記載されている方が信用できます。

工事費や足場代、塗料名だけしか記載されていない悪い見積もりもあります。

見積もりのチェック項目としては、工事内容内容の詳細作業範囲塗料名塗装面積塗装回数などがしっかりと記載されているかを確認しましょう。

見積もりの確認の仕方についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

アフターサービスに対応しているか確認する

外壁塗装のアフターサービスの内容は、業者選びにとって重要なポイントになります。

外壁塗装の工事後に、定期点検などのアフターサービスがあるかどうかを確認しましょう。

実は外壁塗装では、最終的に隠れてしまう工程がいくつかあります。住宅に何かあった場合にすぐに対応してもらえる体制があるかどうかがとても大切です。

また、アフターサービスを行う際の有償、無償の範囲についても確認が必要です。外壁塗装のアフターサービスにどんな保証があるかについては、詳しくはこちらを参考にしてください。

アフターフォローについてはこちらの記事を参考にしてください。

 

塗装業者が加入している保険を確認する

外壁塗装業者が加入している保険についても確認が必要です。

万が一、業者が廃業をした場合でも保険によって工事費用がカバーされるタイプの保険もあります。

さらに工事期間中に建物の一部が破損したり、盗難に合った場合も業者が加入している保険でカバーできるケースがあります。

保険の加入をしていない業者では、破損を黙っていたり、以前からあった傷だったと言われてしまう可能性もあります。

信頼できる外壁塗装業者を判断する3つのポイント

多くの外壁塗装業者の中から、信頼できる業者を探すことはとても難しい作業です。ここでは信頼できる外壁塗装業者を判断する3つのポイントについて解説していきます。

適正価格である

信頼できる外壁塗装業者を判断するには、業者から提示された価格が適正価格であることが最も重要なポイントです。

信頼できる業者であれば、外壁塗装の費用相場をしっかりと把握しています。そのため外壁塗装の費用相場からかけ離れた金額を提示することはありません。

また、住宅の状態によっては提示された金額が費用相場よりも高い場合があります。

信頼できる外壁塗装業者であれば、提示した金額について工事内容や価格の根拠などを説明することができます。

逆にしっかりとした説明が出来ない場合には、適正価格では無い可能性もあるので注意が必要です。

外壁塗装の適正価格についてはこちらの記事を参考にしてください。

 

工事の品質が高い

外壁塗装を行うことで大切な住宅を綺麗に保つためには、工事の品質は重要なポイントです。

外壁塗装においては下地処理や下塗りなどの工程は、最終的に仕上がった状態では工事の品質を確認することが出来ません。

目に見える部分だけでなく、途中の工程も信用して依頼できることが大切です。

目に見えない工程での品質が悪いと、数年で外観のトラブルなどに発展してしまうこともあります。

外壁塗装を高品質で工事してくれる業者を選ぶには口コミなどを利用して、出来る限りの情報を集めてから工事の依頼をすることをおすすめします。

説明・対応が信頼できる

外壁塗装の目安は一般的に10年前後と言われています。新築から1回の外壁塗装でメンテナンスが完了することはありません。

使用する塗料の耐用年数によって異なりますが、10年前後で定期的にメンテナンスを行う必要があります。

そのため、外壁塗装業者とは長い付き合いになる可能性もあります。

信頼できる業者を見つけることが出来なければ、何度も業者選定に時間を取られてしまうことになります。

一度、悪い業者に当たってしまった場合には、次回からの外壁塗装の費用が相場よりも高くなってしまうこともあります。

最初に行う外壁塗装は、より慎重に業者を選ぶ必要があります。

外壁塗装の業者を探す方法

信頼できる外壁塗装の業者を探すことが、大切な住宅のメンテナンスにおいて重要なポイントになります。ここでは、外壁塗装の優良業者を探すポイントを解説していきます。

知人に紹介してもらう

優良業者を探す方法としては、実際に過去に外壁塗装の工事を行った知人などによる紹介が効果的です。

外壁塗装の業者と利益関係にない知人の紹介であれば、安心して工事を依頼することができるでしょう。

ただし外壁塗装の仕上がりの感想などは、同じ業者が施工したとしても異なります。

知人の紹介を鵜呑みにせず、ネットの口コミを事前にチェックすることも大事です。

地元の広告を探す

全国的な外壁塗装業者の場合には、地域によって評価の差が出てしまうことがあります。

業者によっては新聞や地元のフリーペーパーなどに広告を出している業者もいますので、地域に根付いた業者の広告を参考に業者を探す方法も効果的です。

ただし、地元の業者の中には実際に施工を依頼した人の口コミなどが記載されていないケースも多く見られます。

地元の広告に掲載された業者であっても、ネットや地元の人の生の声や口コミを調べた方がいいでしょう。

見積もり比較サイトの口コミを見る

外壁塗装の業者を探すには、見積もり比較サイトの口コミも参考になります。見積もり比較サイトを使用することで、複数の業者に一括で見積もりを依頼することができます。

さらにそれぞれの業者の口コミも掲載されているので、口コミのチェックも効率的に行うことができます。

外壁エージェント(当サイト)でも利用者の口コミが確認できるのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

外壁塗装を成功させる高品質の工事の鍵は、業者選びにあります。

ホームページや広告などに掲載された口コミなどを評価の基準とすることも大事なポイントになります。

外壁塗装で失敗しないためには、信頼できる業者を選ぶことが肝心です。

この記事のライター:タナカ サトシ
木造ハウスメーカーにてリフォームと新築の現場監督を経験後に二級建築士資格を取得、エクステリア会社にてハウスメーカーへの新築外構図の設計職を担当。 現在は二級建築士の資格を活かし、住宅を中心とした外壁塗装の職人として活躍中。 また、現場監督時代の経験と建築士の知識を活かし店舗などのリフォームを提案、設計監理を行う。趣味は子供と休日に思い切り遊ぶこと。

外壁塗装 人気の記事ランキング

外壁塗装おすすめカラーシミュレーションアプリ9選

外壁塗装おすすめカラーシミュレーションアプリ9選

外壁塗装の失敗例でよく聞かれるのが、事前に想像していたイメージと仕上がりが違う・カラーが希望色ではなかったとというものです。 そこでおすすめなのが、スマートフォンやタブレット端末などで使用できる外壁塗装専用のシミュレーシ...

外壁塗装のイノセンス塗料(ジャパンホームワンド社)とは?特徴、費用相場

外壁塗装のイノセンス塗料(ジャパンホームワンド社)とは?特徴、費用相場

外壁塗装で使用する塗料には種類ごとにさまざまな機能や性能があって耐用年数も異なるため、外壁塗装の際にどのような塗料を使用するのかが非常に重要なポイントになります。 なるべく長持ちする塗料が良いと思う方が多いと思いますが、...

防水テープによる雨漏りの補修方法!初心者向けに手順を解説

防水テープによる雨漏りの補修方法!初心者向けに手順を解説

住宅の急な雨漏りには、応急処置として防水テープが使えることをご存知でしょうか。 防水テープによる補修は一時的な応急処置ですが、雨漏りが起きてしまった際の対応には良い方法になります。 しかし、防水テープの使い方によっては雨...

【最新】外壁材メーカー人気ランキング!特徴、主力商品を紹介

【最新】外壁材メーカー人気ランキング!特徴、主力商品を紹介

日本の住宅の外壁を販売する外壁材メーカーはたくさんあり、それぞれのメーカーがさまざまな趣向を凝らした外壁材を販売しています。 メーカー側では外壁を選ぶ人のニーズに合わせた商品開発を行っていますが、メーカーの社数も多くどこ...

外壁塗装 おすすめの記事

外壁のひび割れの原因は?外壁のクラック補修やメンテナンス方法

外壁のひび割れの原因は?外壁のクラック補修やメンテナンス方法

  ある日突然、ご自宅の外壁にひび割れが入っているのを見つけたら、なぜひび割れが発生したのか、そしてどう対処したらよいのかがわからなくて、慌ててしまう方が多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、ひび割れが...

サイディングとは?サイディング外壁の種類や補修の目安、費用を解説

サイディングとは?サイディング外壁の種類や補修の目安、費用を解説

近年は外壁サイディング貼りの住宅が増えており、外壁塗装といえばサイディングの塗装を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 一方、サイディングには、多くの方が連想する窯業系サイディング(セメントに繊維質を混ぜて板状に形...

外壁のチョーキングは放置すると危険!白い粉がつく原因や補修方法を解説!

外壁のチョーキングは放置すると危険!白い粉がつく原因や補修方法を解説!

「チョーキング」とは外壁にチョークの白い粉のようなものがつく劣化症状のサイン! 白い粉の正体は塗膜の一部が劣化したもので、この現象が発生すると塗膜に寿命がきたことを示しています。 「チョーキング現象が起きているので今すぐ...

外壁塗装では手塗りと吹き付け、どちらが良い?4つの判断基準と注意点

外壁塗装では手塗りと吹き付け、どちらが良い?4つの判断基準と注意点

近年の外壁塗装工事はローラー工法による手塗りで行うケースが増えていますが、塗装方法には他にスプレーガンを使った吹き付け工法や刷毛塗りによる工法があって、業者によってもおすすめの塗装方法や得意な工法が異なります。 これから...

外壁塗装 記事のカテゴリー

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の費用

外壁塗装の費用

外壁塗装の業者選び

外壁塗装の業者選び

外壁塗装の方法・工程

外壁塗装の方法・工程

雨漏り・屋根修理

雨漏り・屋根修理

外壁塗装の失敗・トラブル

外壁塗装の失敗・トラブル