【北海道】外壁塗装の助成金がある市町村一覧!助成金額、支給条件

北海道にお住まいで、自分が住んでいる市町村に外壁塗装に関する助成金があるかどうか知りたいけどどう調べたら良いか分からない、とお困りの方はいらっしゃいませんか?

外壁塗装はまとまった費用がかかるので、助成金があればぜひ活用したいと思っている方も多いと思います。

北海道で外壁塗装の助成金制度がある市町村は以下の通りです。

  • 函館市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 夕張市
  • 網走市
  • 芦別市
  • 赤平市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 富良野市
  • 北広島市

(※2021年10月現在)

この記事では北海道の市町村ごとの助成金を徹底解説していきます。それぞれ助成金額、支給条件をご紹介。あわせて外壁塗装の助成金の申請の流れや、申請に関する注意点についても解説します。

ぜひこの記事を参考に外壁塗装の助成金申請を検討してみてください!

※他の都道府県の助成金情報をお探しの方は以下のリンクから助成金情報のページへ進むことができます。
北海道・東北
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東
茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部
新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県
近畿
三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国
鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国
徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州・沖縄
福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

北海道で外壁塗装の助成金がある市町村:金額、条件、対象工事、問い合わせ先

北海道で外壁塗装に助成金がおりる市町村ごとに、助成金額、支給条件、対象工事、問い合わせ先を紹介します。

北海道の外壁塗装に助成金がある市町村

  • 函館市
  • 釧路市
  • 帯広市
  • 夕張市
  • 網走市
  • 芦別市
  • 赤平市
  • 名寄市
  • 三笠市
  • 砂川市
  • 歌志内市
  • 富良野市
  • 北広島市

 

北海道の登録業者一覧はこちら

函館市助成金情報

函館市住宅リフォーム補助制度

助成金額 対象額の合計の20%以内で,限度額は20万円(千円未満切り捨て)
支給条件 ・市内に自らが所有し,居住する住宅を改修する方
・市内に所有している住宅を改修して居住する方
・市税の滞納がない方
助成対象工事 ・バリアフリー改修工事
・断熱改修工事
・耐震改修工事
問い合わせ先 都市建設部 住宅課
電話:0138-21-3385ファクシミリ:0138-27-2340E-Mail:jutakusesaku@city.hakodate.hokkaido.jp

函館市の函館市住宅リフォーム補助制度は、環境負荷が少なく、安全・安心な住まい実現を支援することを目的とする制度です。既に住宅を所有し現在居住している、もしくは居住予定の市民が、バリアフリー化・断熱化・耐震化の改修工事を行う際にその費用の一部を補助するものです。

申し込みは先着順で、予算額に達した時点で受付終了となるため、希望する方は早めに関係窓口に相談・受付を済ませることをおすすめします。

釧路市の助成金情報

釧路市住宅エコリフォーム補助制度

助成金額 補助対象工事費の10%で、戸当り最大50万円(千円未満切捨て)
※補助対象工事費(消費税を含む)の合計が20万円以上の工事が対象
支給条件 ・補助対象の住宅を所有している釧路市民または、改修工事後速やかに釧路市民になる方
・補助対象の住宅に居住している方または、改修後速やかに居住する方。
・満20歳以上で市税等を滞納していない方
・暴力団員に該当しない方
助成対象工事 ・省エネ改修工事
・バリアフリー改修工事
問い合わせ先 住宅都市部 建築指導課 指導防災担当
電話番号:0154-31-4569
ファクス番号:0154-24-0581
https://www.city.kushiro.lg.jp/form/00000667.html

※横にスクロールしてください。

釧路市の釧路市住宅エコリフォーム補助制度は、これまでは現在入居する住宅の改修工事のみが対象でしたが、平成30年度より、入居予定もしくは釧路市への移住を目的とする住宅改修工事も対象になりました。ただし、申請時に申請者が所有する住宅に限られます。

受付は期間内に先着順でおこなわれ、たとえ期間内であっても補助金額が予定額に達した時点で受付終了となります。申請時において既に工事に着手していたり、新築住宅は対象外です。また同一年度において、1人1回限り、または同一住宅について1回限り申請可能です。

帯広市の助成金情報

住まいの改修助成金

助成金額 10万円(消費税を除く)以上の改修工事に5万円を助成します
支給条件 ・市内の改修する住宅の所有者
・改修する住宅に居住している、または、改修後に居住する方・市区町村民税を滞納していない方(納税状況により対象となる場合があります)
・所得※1を基に計算した規定金額※2の世帯総額が550万円以下(確認できる最新のもの)
・暴力団員でない方
・過去に住宅リフォーム助成または住まいの改修助成を受けていない方※昭和56年5月31日以前に建築された住宅(旧耐震基準の住宅)については、市で行う「無料耐震簡易診断」を受けなければなりません※1所得とは、会社員などの場合は、給与収入から給与所得控除を差し引いた金額となります※2規定金額とは、所得に給与所得又は、公的年金等に係る雑所得が含まれている場合に、給与所得の合計額から10万円を限度に控除した額となります
助成対象工事 住宅性能や居住環境の向上(耐久性の向上や長寿命化、省エネルギー化、ユニバーサルデザイン化)のための工事
問い合わせ先 都市環境部都市建築室建築開発課住まい宅地係
〒080-8670 帯広市西5条南7丁目1番地
電話:0155-65-4179ファクス:0155-23-0159
https://www.city.obihiro.hokkaido.jp/cgi-bin/contacts/G06010202

※横にスクロールしてください。

帯広市の住まいの改修助成金は、住宅の長寿命化・省エネルギー化などへの改修により、住宅性能の向上を促進し快適な住環境の充実を図ることを目的とする制度です。これには空き家も含まれ、たとえば空き家を購入・改修して居住するケースも対象です。

申請は募集期間内に随時受付可能ですが、たとえ期間内でも予算枠に達した時点で受付終了となります。申請窓口は市役所6F建築開発課で、申請書をはじめ住民票などが必要となるため、詳しくは市HP等を参照してください。

夕張市助成金情報

住宅取得等補助金

助成金額 ・市内業者によるリフォーム
工事費用の20%、限度額50万円
・市外業者によるリフォーム
工事費用の10%、限度額30万円
支給条件 ・補助金の交付を受けてから5年以上継続して本市に住まわれる方
・市税等を滞納していないこと
・リフォーム工事費補助金について、申請者世帯の前年における総所得が、毎年度4月1日時点において、厚生労働省が公表する全世帯を対象とする直近の1世帯当たり平均所得額以下であること
・自己の居住に供すること
・新築住宅取得及び中古住宅取得費補助金について、地域要件を満たしていること
助成対象工事 ・住宅の新築、中古住宅の取得およびリフォーム工事
問い合わせ先 建設課建築住宅係
住所:夕張市本町4丁目2番地 3階33番窓口
電話:0123-52-3119ファックス:0123-52-5302
https://www.city.yubari.lg.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=ybrken

※横にスクロールしてください。

夕張市の住宅取得等補助金は、夕張市内への定住促進を図ることを目的とする制度です。市内在住もしくは転入者が住宅の新築・中古住宅の取得、およびリフォーム工事を実施する際、それらの費用について一部補助が支給されます。

申請は随時受け付けていますが、予算額に達した時点で締め切りとなります。比較的多くの方が利用する人気の制度のため、気になる方は早めに建設課建築受託係まで相談することをおすすめします。

網走市助成金情報

網走市住環境改善資金補助制度

助成金額 ・一般改修工事
補助対象工事費の10%
一般世帯(子育て世代以外) 上限10万円
子育て世代 上限20万円
・空き家改修工事
補助対象工事費の10%
一般世帯(子育て世代以外) 上限20万円
子育て世代 上限30万円
支給条件 ・補助金の交付は、同一年度、同一申請者、同一住戸につき1回限り
・本市に住所を有する方又は完了届提出時までに転入届を提出できる方
・市税を滞納していない方
・本市に自ら居住するための住宅を所有し、補助対象工事の契約者となる方
・補助金の交付申請をした日の属する年度の末日までに完了届を提出できる方
・暴力団員又は暴力団関係事業者に該当しない方
助成対象工事 ・外壁、屋根等の外部仕上げ等の改修工事
・耐震化工事
・キッチン、浴室、洗面所、トイレ等の改修工事
・内装仕上げ等の改修工事
・窓サッシ、ガラス等の断熱改修工事
・床、壁、天井等の断熱改修工事
・省エネ給湯器、省エネボイラーの設置工事
・子ども部屋の増築、間仕切り改修工事
・床、壁等の防音対策工事
・落下、怪我等の危険の恐れがある箇所の対策工事
・段差解消、手すり設置、スロープ設置、扉の取替え等移動円滑化のための改修工事
・ロードヒーティング、いす式階段昇降機、ホームエレベーター等の設置工事
問い合わせ先 網走市建設港湾部建築課建築係
電話0152-44-6111(内線254・358)

※横にスクロールしてください。

網走市の網走市住環境改善資金補助制度は、網走市民が住宅の改修などをおこなう際に、その資金の一部を助成してくれる制度です。

目的は、住環境向上のための整備促進・良質な住宅ストック形成を図ること、さらに、子育て世帯に対しては、子供を安心して育てられ、健康で幸せに暮らせるよう環境の改善を図ることとします。

申し込みは、受付期間内に契約した工事に限られます。また、受付は先着順で、申込額が予算額に達したときに締め切りとなります。

芦別市助成金情報

住宅リフォーム助成事業

助成金額 改修工事費用の1/10の額(1万円未満の端数は切り捨て)
※補助限度額30万円
支給条件 ・住宅改修工事
(一般リフォーム工事)
・本市に住所を有するかた
・改修工事を行う住宅の所有者であって、かつ、当該住宅に現に居住しているかた(店舗は対象外、併用住宅の場合は居住部分のみ対象)
・市税を滞納していないかた
助成対象工事 ・高齢者等住宅改修工事
(バリアフリー工事)
・耐震改修工事
・住宅改修工事
(一般リフォーム工事)
問い合わせ先 建築係
電話: 0124-27-7835
Fax: 0124-22-9696
E-Mail: kenchiku@city.ashibetsu.hokkaido.jp

※横にスクロールしてください。

芦別市の住宅リフォーム助成事業は、芦別市民の快適な住環境の整備・市内建設業の振興および雇用安定・芦別市への定住促進を図ることを目的とする事業です。

着工前・工事完了後には、事業の円滑かつ適正におこなうため、2名の都市建設課職員が2回に渡り、工事個所を確認するため自宅へ訪問します。また、申請期間・申請から助成までの詳しい手続き・手順などについては、芦別市HPを参照してください。

赤平市助成金情報

あんしん住宅助成事業

助成金額 ・対象工事費50万円以上、助成率15%、助成金限度額50万円
・18歳未満の子供が同居する子育て世帯は、助成率20%、助成金限度額75万円
支給条件 ・本市に住所を有する住宅の所有者
・市税などの滞納がない者(対象世帯全員)
・令和3年3月31日までに助成金限度額の交付を受けた者を含む
助成対象工事 ・耐震改修工事
・リフォ-ム工事
・老朽住宅除却工事(解体工事)
問い合わせ先 建設課建築係
電話番号:0125-32-1844
https://www.city.akabira.hokkaido.jp/inquiry/kensetsuka/

※横にスクロールしてください。

赤平市のあんしん住宅助成事業は、赤平市民が安心して長く住み続けられることを目的としたもので、市内の建設業者に住宅リフォームや解体などを依頼した場合、工事費の一部を助成する事業です。平成22年には、過去に助成金限度額の交付を受けた方も新たに申請が可能になりました。

対象は市内で個人が所有し、現在居住、もしくはリフォーム後に居住する住宅で、併用住宅は居住部分に限られます。また、申請は、申請年度内に工事完了届および請求書を赤平建設協会に提出します。

名寄市助成金情報

名寄市ずっと住まいる応援事業

助成金額 ・50万円以上100万円未満の場合 補助金額10万円
・100万円以上の場合 補助金額20万円
支給条件 補助制度を利用できるかたは、次のいずれかに該当し、市税などの滞納がないかた
・名寄市に住民票があり、改修工事等を行う住宅の所有者またはその配偶者(所有者が市外に住民票がある場合に限る。)
・名寄市内の住宅を購入し、改修工事等を行った後に転居し、名寄市に転入するかた
助成対象工事 住宅の増築および改築工事
住宅の耐久性を高めるための工事
住宅の安全上または防災上必要な工事
・住宅の居住性を良好にするための工事又は衛生上必要な工事
・建築設備工事
・電気、ガス、給水、排水、換気、暖房、煙突など建築基準法第2条第3号に規定する工事
・雪対策工事
・融雪槽または融雪機(固定式のもの)の設置工事
・ロードヒーティングの設置工事
・落雪防止柵の設置工事
・木、塀の撤去による間口確保工事
問い合わせ先 経済部 産業振興室産業振興課
住所:郵便番号096-8686 北海道名寄市大通南1丁目1番地
電話番号:01654-3-2111
ファクシミリ:01654-2-4614
メール:ny-sangyo@city.nayoro.lg.jp

※横にスクロールしてください。

名寄市の名寄市ずっと住まいる応援事業は、市民が安心して住み続けられるよう住環境を整備、および、名寄市への移住促進・空き家の有効活用を図る事業です。合わせて、住宅関連産業を中心とした地域経済の活性化・人材育成を目的とします。

申請は定められた期間内に受付けられ、予算額に達した時点で受付終了となります。すでに終了している場合には一部キャンセル待ちを受付ける場合があるので、担当窓口まで問い合わせてみてください。

三笠市助成金情報

住まいのリフォーム助成事業

助成金額 工事費の10%以内(上限30万円)
支給条件 ・市内に住所を有している方(解体工事は除く)
・市税などを滞納していない方(入居者全員)
助成対象工事 ・住宅の増築や改修工事、外構工事(着工時に建築後5年を経過しているもの)
・住宅の耐震改修工事
・住宅の耐震診断
・住宅の解体工事
・太陽光発電システムの設置工事
問い合わせ先 経済建設部建設課住宅係
TEL(01267)2-3998

※横にスクロールしてください。

三笠市の住まいのリフォーム助成事業は、安全・安心に暮らせる住まいづくりを目的とし、市民自ら所有し居住する住宅リフォームを、市内の建設業者に依頼した場合に工事費用の一部が助成されます。

受付は先着順で、各年度の予算額に達した時点で終了となります。また、耐震改修・解体・太陽光発電システム設置の各工事は助成件数に限りがあり、こちらも予定件数に達した時点で終了です。詳しい手続きの流れ・申請に必要な書類等については、三笠市HPを参照してください。

砂川市助成金情報

ハートフル住まいる補助金

助成金額 ・地元企業を利用した場合 : 改修工事費の20%(上限額40万円)
中古住宅購入後(登記後1年以内)に改修した場合:改修工事費の20%(上限額60万円)
・市外企業を利用した場合 : 改修工事費の10%(上限額20万円)
中古住宅購入後(登記後1年以内)に改修した場合:改修工事費の10%(上限額40万円)
支給条件 ・高齢者等安心住まいる(住宅改修)補助金
介護認定を受けていない65歳以上の高齢者等、または同居もしくは同居を予定している方
市税の滞納がない方・永く住まいる(住宅改修)補助金
自らが居住する、または居住しようとする住宅のリフォーム工事を行う方
市税の滞納がない方
助成対象工事 ・一般リフォーム工事
・耐震改修工事
・擁壁改修工事
・太陽電池モジュール本体
・太陽電池モジュール取付工事
・架台設置工事
・接続箱設置工事費
・直流側開閉器設置工事
・インバータ設置工事費
・保護装置設置工事
・交流側開閉器設置工事
・発生電力量計設置工事
・余剰電力販売用電力量計設置工事費
・配線および配線器具取付工事
・蓄電池システム設置工事費(太陽光発電システムと同時に設置されるもの)《平成30年4月1日より追加》
・その他太陽光発電システムの設置工事に必要となる仮設および補強工事等に要する費用
問い合わせ先 砂川市 建設部 建築住宅課 建築指導係
〒073-0195 北海道砂川市西7条北2丁目1-1
TEL 0125-74-8760 FAX 0125-74-8798

※横にスクロールしてください。

砂川市のハートフル住まいる補助金は、令和3年4月よりリニューアルされた住まいの補助金制度です。中でも、一般リフォーム工事等については補助上限額が増額され、より利用しやすくなりました。

対象は砂川市内に居住、もしくは居住予定の住宅リフォーム工事で、工事費の一部を砂川市が助成してくれます。工事期間中には砂川市の担当職員が現地を訪れ、確認・補助金確定通知書の発送・請求書提出などの手続きを経た後、指定の金融機関に振込まれます。

歌志内市助成金情報

住宅改修費の一部を助成します!

助成金額 対象工事費が30万円以上(税抜き)の工事費に対し、最大で50万円を限度として10分の2(住宅の除却は、10分の2.5)の費用を助成
支給条件 確認中
助成対象工事 ・住宅改修や住宅除却等
問い合わせ先 建設課住宅管理グループ
電話:0125-42-2223

※横にスクロールしてください。

歌志内市では、住宅改修費の一部が助成されます!市内に居住する方が住宅改修・住宅除却を行う工事が対象で、助成金額は上記した内容です。合わせて、住宅の耐震改修工事については、最大100万円を限度に助成されます。

歌志内市に住み、これらの工事を予定する方は、まずは建設課住宅管理グループにお気軽に問合わせてみてください。受付期間・支給条件・申請方法などの詳細な情報を、担当の職員が丁寧に教えてくれます。

富良野市助成金情報

富良野市住宅改修等促進助成事業

助成金額 ・リフォーム補助(一般):補助対象となる工事費用の10分の1(上限20万円)
・リフォーム補助(多世代同居):補助対象となる工事費用の10分の1(上限50万円)
支給条件 ・多世代同居の要件は、子世帯(子=配偶者と同居する方または義務教育修了前の子どもを養育し、かつ同居する方)と親世帯(親=子の父母または祖父母)が同一住宅内に居住すること
助成対象工事 ・リフォーム工事
・合併処理浄化槽設置工事
・耐震改修工事
・住宅解体工事
問い合わせ先 都市建築課
電話:0167-39-2316ファクシミリ:0167-39-2332E-Mail:kenchiku-ka@city.furano.hokkaido.jp

※横にスクロールしてください。

富良野市の富良野市住宅改修等促進助成事業は、これまでの住宅改修促進助成事業をリニューアルした事業です。自ら所有し居住、あるいは購入予定の住宅についてリフォーム工事や耐震改修工事等について、工事費用の一部を助成してくれます。

あらかじめ定められた受付期間内に申請が必要で、受付は随時可能です。しかし、先着順のため予算額に達した時点で受付終了となるので、これらの工事を予定する方は早めに申請することをおすすめします。

北広島市助成金情報

北広島市住宅リフォーム助成

助成金額 住宅リフォーム費用(対象経費)の10分の1(上限10万円、千円未満切捨て)
支給条件 ・市内に住民基本台帳登録があり、その住宅の所有者(一つの住宅で1名とする)
・市税を滞納していない方
・平成23年度~令和2年度に住宅リフォーム助成を受けていない方
助成対象工事 改修工事または建築設備工事のうち住宅の住居部分にかかるもの
問い合わせ先 市民環境部 市民参加・住宅施策課
電話:011-372-3311(代表)

※横にスクロールしてください。

北広島市の北広島市住宅リフォーム助成は、リフォーム費用を補助することで市内への定住促進を図ることを目的とする制度です。申請者が居住する・法令違反のない等の条件をクリアした住宅が対象です。

また、市内の中古住宅を取得した方に対してリフォーム費用を補助する「北広島市リユース住宅活用サポート補助金」制度があります。

いずれも受付は先着順で、予算額・予算件数に達した時点で終了となるのでお気をつけ下さい。

外壁塗装の助成金に共通する支給条件

外壁塗装を行う際に助成金を受け取るためには、指定されている条件を満たしている必要があります。市町村によって詳細な条件は異なりますが、ここではほぼ全ての市町村で共通している支給条件について解説します。

施工前に申請が必要

助成金(補助金)を受け取る際は、必ず「施工前」の申請が必要です。

申請をする市町村の管轄エリア内に施工する住居がある

外壁塗装工事を行う際の助成金の受け取り申請を行う際は、申請している市町村の管轄エリア内に施工する住居があることが必須条件です。

申請予定の市町村内の外壁塗装業者に依頼をしている

申請を行う際に、自治体の地域内に拠点や営業所を構えている施工業者への依頼を行うことを条件にしている自治体がほとんどです。

税金の滞納をしていない

助成金は税金から支払われるため、支給を受ける際に税金の滞納がされていないか調査が入ります。

外壁塗装の助成金の申請手順

助成金を受け取る流れも市町村によって異なりますが、大まかな流れはほぼ同じです。外壁塗装に関する助成金の申請の流れを解説します。

STEP 1:お住まいの市町村の条件を確認

先ほども述べた通り、助成金の支給条件は市町村ごとに異なります。

申請を行う前に必ず確認するようにしましょう。

STEP 2:申請書類の提出

助成金の申請書類は工事を行う前に提出しましょう。

工事が始まった後・終了後に書類の提出を行っても、ほとんどの場合は申請が受理されませんので必ず工事前に忘れずに申請を行いましょう。

STEP 3:承認通知の受け取り後、工事開始

助成金の承認通知を受け取った後は、自治体に決められた期日内に工事を開始します。

この期日は、大体の場合は3ヶ月以内と決められているため必ず守るようにしましょう。

STEP 4:市町村へ報告書を提出

施工が終了したら、助成金(補助金)を申請している自治体に報告書を提出します。

STEP 5:工事の確認

市町村は、実際に施工がきちんと行われたかどうかを確認します。

写真だけで済む場合もあれば、自治体の職員が実際に現場確認を行う場合もあります。

STEP 6:助成金の受け取り

手続きを終え、申告内容に問題がなければ1〜2ヶ月ほどで助成金が振り込まれます。

外壁塗装の支給条件や申請手順については、こちらの記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

北海道の外壁塗装に関するトラブルの相談先

外壁塗装に関するトラブルが発生したら、まずは施工業者へ相談しましょう。話し合いでの解決が難しい場合は、以下の第三者機関へ相談することができます。外壁塗装を含む様々なトラブルについての相談を無料で受け付けていますので、気軽に問い合わせてみましょう。

北海道立消費生活センター

所在地 北海道札幌市中央区北3条西7 北海道庁別館西棟
電話番号 (050)7505-0999
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~16:30

※横にスクロールしてください。

外壁塗装の優良業者の選び方

外壁塗装の業者は数多くあり、また施工業者によっても工事方法が違います。その中から優良業者を自分で探すのは難しいことに思えるかもしれません。しかし優良業者の特徴や条件を知っておくことで、自分で優良業者を探すことができます。

こちらの記事では外壁塗装の優良業者の選び方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

北海道の登録業者一覧はこちら

まとめ

ここでは、北海道の外壁塗装の助成金情報についてご紹介しました。助成金は支給金額、支給条件、対象工事内容など、さらに詳細に規定が設定されている可能性があります。まずは一度問い合わせてみて、最新情報を確認するようにしてみてください。

また外壁エージェントは相談のみも可能です。外壁塗装に関するご相談・お悩みがございましたらぜひ外壁エージェントをぜひご利用ください。

この記事のライター:外壁エージェント編集部
こんにちは、外壁塗装エージェント編集部です。「安心の外壁塗装」をコンセプトに、外壁塗装をトータルでサポートする外壁塗装エージェント。コラムでは、何を基準に業者を選べばよいかわからない、外壁塗装の注意するべきポイントが知りたいなど、外壁塗装にまつわる皆さまのさまざまな疑問にお答えします。外壁塗装アドバイザーによる有益で信頼できる情報をお届けしますのでぜひ参考にしてください。

外壁塗装 人気の記事ランキング

外壁塗装おすすめカラーシミュレーションアプリ9選

外壁塗装の失敗例でよく聞かれるのが、事前に想像していたイメージと仕上がりが違う・カラーが希望色ではなかったとというものです。 そこでおすすめなのが、スマートフォンやタブレット端末などで使用できる外壁塗装専用のシミュレーシ...

東レ建材(旧東レACE)のサイディングが知りたい!特徴、おすすめサイディング材

2020年に創業した東レ建材は、以前は東レACEとして住宅建材事業、環境資材事業を行うほか、住宅のサイディングや外装材をはじめ土木用の製品などを製造、販売していた建材メーカーです。 中でも東レ建材が誇るラップサイディング...

外壁のサビの原因、落とし方・補修方法

なにげなくふと外壁を見上げた時に、サビ が発生していてびっくりしたことがある方も多いのではないでしょうか。 サビは外壁の劣化のサイン。そのまま放置し続けると劣化がどんどん進行してしまうので、早めに対処する必要があります。...

【北海道】外壁塗装の助成金がある市町村一覧!助成金額、支給条件

北海道にお住まいで、自分が住んでいる市町村に外壁塗装に関する助成金があるかどうか知りたいけどどう調べたら良いか分からない、とお困りの方はいらっしゃいませんか? 外壁塗装はまとまった費用がかかるので、助成金があればぜひ活用...

外壁塗装 おすすめの記事

外壁のカビの原因と落とし方!除去費用、予防策も解説

自宅の外壁についたシミや汚れがこすってもなかなか落ちない、シミや汚れを落としてもすぐにまた汚れてしまう・・・という場合には、そのシミや汚れの正体はカビかもしれません。 カビは塗膜の劣化のサイン。 そのまま放置し続けると劣...

サイディングとは?種類や特徴、補修時期・費用について解説

近年は外壁サイディング貼りの住宅が増えており、外壁塗装といえばサイディングの塗装を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 一方、サイディングには、多くの方が連想する窯業系サイディング(セメントに繊維質を混ぜて板状に形...

外壁塗装のひび割れ・クラックの原因、補修・メンテナンスの方法

  ある日突然、ご自宅の外壁にひび割れが入っているのを見つけたら、なぜひび割れが発生したのか、そしてどう対処したらよいのかがわからなくて、慌ててしまう方が多いのではないでしょうか。 そこで本記事では、ひび割れが...

外壁のチョーキングは放置すると危険!白い粉がつく原因や補修方法を解説!

「チョーキング」とは外壁にチョークの白い粉のようなものがつく劣化症状のサイン! 白い粉の正体は塗膜の一部が劣化したもので、この現象が発生すると塗膜に寿命がきたことを示しています。 「チョーキング現象が起きているので今すぐ...

外壁塗装 記事のカテゴリー

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装の費用

外壁塗装の業者選び

外壁塗装の方法・工程

雨漏り・屋根修理

外壁塗装の失敗・トラブル